ABOUT US本多プラスについて

1997

APRIL

英国へMBA留学後、本多孝充が入社。取締役経営企画室 兼 営業本部長に就任。ブロー成形技術をコアに、化粧品、医薬品、日用品などの分野に事業拡大を図る。

1999

SEPTEMBER

新素材PENを用いた、世界初のプラスティックネイルカラー容器を開発。化粧品業界に本格参入。

2001

JULY

本多孝充が専務取締役に就任。ブロー成形品・素材や部品の開発、金型製作まで一貫して手がける戦略拠点(現ブローラボ)を設立。

2002

SEPTEMBER

化粧品、医療品容器の製造拠点である大宮工場を竣工。業界初の全館クリーンルーム工場として注目を浴びる。

2005

JANUARY

愛知県が定める「愛知ブランド企業」の認証取得(認証番号120)。

MAY

日経BP社発行 日経デザイン5月号 特集『文字が変わればコミュニケーションが変わる』2ページ掲載。この頃から本多プラスのデザイン力が注目され始める。

2006

JUNE

東京南青山にクリエイティブオフィスを設立。専務の本多孝充がクリエイティブディレクターに就任し、ブロー成形技術をコアにしたクリエイティブ事業を開始。

DECEMBER

日経BP社発行 日経デザイン12月号 特集『そのサイズは正しいですか?~作るべきなのは「居場所」です~』2ページ掲載。

2007

JANUARY

イギリスパッケージ情報誌『PLASTICS IN PACKAGING』に、ブロー成形をコアとしたクリエイター型メーカーとして当社の経営モデルが特集掲載される。

JUNE

中小企業庁が定める「元気なモノ作り中小企業300社2007年版」に認定される。

OCTOBER

日経BP社発行 日経デザイン6月号 特集『未来の価値~先端技術と最新マテリアルが開くデザインの可能性~』4ページ掲載。

OCTOBER

TBS系日曜劇場『パパとムスメの七日間』(主演:舘ひろしさん、新垣結衣さん)の備品製作協力。主人公(舘ひろしさん)が務める化粧品メーカーの、容器やパッケージ製作を東京クリエイティブオフィスが担当。

2008

OCTOBER

独自技術により新素材『メタパール』を開発。塗装レスでメタリック調に輝く素材は、多くの業界から注目を浴びる。

ガラス工芸作家 青木美歌氏とのコラボレーションにより、プラスチックを利用したアート作品展『光の雨 Shining Rain』を東京西麻布にて開催。

品質マネジメントシステム ISO9001を取得(本社、大宮工場、有海工場、豊川工場、ブローラボ、本社第一工場、本社第二工場、印刷工場)。

2009

MAY

『日経トップリーダー』巻頭特集 全16ページの記事が掲載。『不況でも売る!「超」町工場経営』と題し、社長 本多克弘と専務 本多孝充の経営ビジョンが紹介される。

DECEMBER

ガラス工芸作家 青木美歌氏とのアート展第二弾『束の間のうつわ かがやきの詞』を開催。PET素材を使用したハンドメイドのうつわ、皿などを作品として披露。

FM愛知80.7『R-STYLE SHOP』に本多孝充がゲスト出演。バンド仲間として親交の深い安藤竜二氏と語り合う。

2010

FEBRUARY

青木美歌氏とのアート展第三弾『束の間のうつわ かがやきの詞』を表参道ヒルズにて開催。道行く多くの方々から高い評価を得る。

MARCH

青木美歌氏とのアート展第四弾『束の間のうつわ かがやきの詞』を豊橋にて開催。

ISSEY MIYAKE 2010秋パリコレクションにて発表された、アクセサリーの製作協力。

OCTOBER

アーティスト石井竜也25周年記念ライブ 協賛企業として舞台装飾の製作協力。

2011

JANUARY

味の素株式会社様『うまみ調味料 味の素ストラップ(携帯用アジパンダミニ容器)』の企画提案&製造協力。
日本パッケージデザイン大賞2011にて金賞受賞。

SEPTEMBER

日経スペシャル『カンブリア宮殿-村上龍の経済トークライブ-』に単独出演。
『"売る力"を磨け!-製造業を強くするのは売る力だ-』と題し、"売るデザイナー"という当社独自の提案型営業スタイルが取り上げられる。

OCTOBER

NHK総合『金とく-ものづくり探訪 我が社の売りは"世界一"-』に出演。
弊社が世界で初めて開発した『PEN樹脂ボトル』が紹介される。

DECEMBER

本多孝充が代表取締役社長に就任。
『技術と感性の融合』をテーマに、世の中にない新しいカタチと価値を提案するビジネスモデルを推進していく。

2012

JULY

日経BP社発行『日経デザイン』7月号特集『下請けがデザインなんて は間違いだ!』4ページ掲載。当社が考えるデザイン戦略や、成形技術を知るデザイナーなどが取り上げられる。

『デザイン戦略で脱・下請け』『事業継承』をキーワードに講師活動を始める。

DECEMBER

ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE(銀座店・船場店)のクリスマスディスプレイをデザイン、製作。『束の間のかたち かがやきの詞』と題し、PET樹脂を使用したハンドメイドのシャンデリアを展示。ameの商品を同店舗にて販売。

2013

DECEMBER

ベトナムに、現地法人『本多プラスベトナム』を設立。全館クリーンルームの工場を竣工。本多プラスの新たな生産拠点となるこの工場では、各種成形機、加飾機、マシニングセンターを完備。
国内工場と同機種の成形機を揃え、24時間生産できる体制を整えている。

2014

MAY

日経BP社発行 『儲かるデザイン戦略』にて、2012~2014年の日経デザイン記事が抜粋して掲載。『売るデザイナー』を軸に、デザインの力を取り入れた経営が取り上げられる。

JUNE

東京北青山に、オリジナルクラフトブランド『ame』の旗艦店をOPEN。プラスチックボトルの生産過程で発生する端材を再利用し、職人の手により製作している。

JULY

愛知県新城市に印刷工場を竣工。

2016

MAY

本多プラスの前身となる『本多工業所』創立から、創業70周年を迎える。

OCTOBER

プレジデント社発行『PRESIDENT』 特集『輝け!中小企業の星 成功する事業継承』に本多孝充が紹介。第二創業の経営者を代表し、本多が取り組んできたメーカー経営に、デザインを融合させた戦略が取り上げられる。

本社第二工場竣工。

2017

DECEMBER

アントレプレナー表彰制度『EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017ジャパン』日本大会にて、本多孝充がアクセラレーティング部門大賞、グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞を同時受賞。