ABOUT US本多プラスについて

1965

APRIL

本多克弘(現会長)が本多工業所を継承し、事業の機械化の研究を始める。

1967

DECEMBER

プラスチック中空成形法(ブロー成形)による、筆サヤ、筆ケースの生産を始める。

1972

MARCH

毛筆用サヤで培った小物成形、薄肉成形の技術が評価され、小物ボトルやかみそりケースなどの注文が増加する。

1982

JULY

本多プラス株式会社を設立。

1983

APRIL

業界初のナイロン製修正液ボトルの開発に成功。量産を開始する。

1985

MAY

プロ野球各球団のメガホンを受注・製造。

1990

NOVEMBER

新たな分野の規格品として、各種形状を揃えた工具ケースの開発、製造販売を開始。

1995

JANUARY

愛知県新城市川路に本社事業所および物流倉庫を竣工。

FEBRUARY

ローズプラスティック社(独)と技術・販売提携を開始する。

オーストリアの国境にほど近い、ドイツの田園に広がるローズプラスティック本社。

2015

APRIL

平成27年度春の叙勲にて、旭日単光章を受賞。